職種別メッセージ:児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者

児童発達支援管理責任者のお仕事

支援計画の策定、一人ひとりに合った支援の実施、集団活動内容の企画などを中心となっておこないます。
保護者様との連絡や面談などをしたり、今後の支援について保護者様と相談したりするのも大切な役割のひとつです。

1日のスケジュール

児童発達支援管理責任者 スケジュール児童発達支援管理責任者 スケジュール

活躍する責任者へのインタビュー

スタッフ一人ひとりの経験や能力を伸ばし、
スマートキッズで夢を実現できるようフォローします!

責任者 浅野さん
Q 前職は?

小学校の先生です。
大学時代は社会福祉を勉強しており、特別支援学級での介助員のバイトをしていました。

Q なぜ児童福祉業界へ転職を考えたのですか?

やはり学校という組織ではカリキュラムが決まっていてそれの実施というのがメインとなります。その集団についていけない子などが必ず出てきてしまいますので、私はそういう子たちを一人ひとりきちんと見ていきたいと思ったのがきっかけですね。
また、日々そのような想いがある中で自分の大学時代の介助員の経験なども思い出し、経験や自分の力を活かせるのではないかと思い転職を決意しました。

Q 責任者としてのやりがいはなんですか?

「この子のためにこれをしてあげたい」という想いが実現できることです。
子ども一人ひとりの本当の成長スピードに合わせて、時間もかけられるのも魅力です。

Q 責任者としての大変なところは?

療育を考えることは楽しいしやりがいもとてもありますが、責任重大です。
スマートキッズに通う意味がなきゃいけない。
うちの教室には普通級の子、支援級・支援学校の子もいるので全員が参加できる集団療育を考えることは簡単ではありません。
スマートキッズジュニア行徳ではスタッフ皆で企画案を出し合って、療育を作り上げています。

Q スマートキッズへ入社しようと思ったきっかけはなんですか?

転職を考えた時に幅広く転職先を考えたんです。
学童保育や個別指導塾、LDや不登校児向けのスクールなど・・
その中で、スマートキッズ株式会社入社した決め手は企業理念ですね。
「教育の力により子ども一人ひとりの可能性を最大限支援すること」
教育業界にいたこともあり、自分の中でストンと落ちてきたしそれを実現したいと思いました。

Q 仕事をしていて楽しいと感じるのはどんな部分ですか?

「スタッフ育成」ですね。
業界未経験で入社される方もいるので、その方たちがわからないことをわからないと言えるような環境作りを心がけています。。
スマートキッズジュニア行徳では「浅野文庫」というのがあって、私が勉強のために読んだ本を置いているだけなんですけど(笑)
それを自由に持ち帰って読んでいいというものですが、意外と貸出率が高いんですよ。
こないだも、ふと見たらドライバーさんが待機時間に読んでくれていました。
また、本で読んだ知識と現実とのギャップもあるでしょうから、そこを教室でのOJTで埋めていければいいなと思っています。

責任者 浅野さん
責任者 浅野さん
Q スマートキッズに入ってよかったと思うことは何ですか?

「自分が行動すれば実現できる」・「チャレンジできる会社」というところですね。
スマートキッズは柔軟というか、子どもだけではなくスタッフ一人ひとりの得意分野や経験を活かせる場だと感じます。
良い提案はどんどん採用されますし、自分たちでスマートキッズを作り上げているんだという実感が持てますね。

Q 印象に残ったエピソードを教えてください

歯磨きが苦手な子がいるんですけど、教室で「はみがきカード」という歯磨きの手順をカードにしたものを使って練習していて、教室では丁寧に歯磨きができるようになってきています。
その同じカードをご自宅用にもお渡ししたところ、ご自宅でも自発的にそのカードを使って歯磨きをすることができたそうです。
よく、教室ではできるのに家ではできないとかまたその逆もあるので、スマートキッズだけではない場所で、同じことができたというのはすごく大きいです。
保護者様からも大変喜んでいただけて、「もうボロボロになったから新しいのをください」と(笑)

Q スマートキッズに入社を考えている方たちに一言!

スマートキッズでは、スタッフ一人ひとりの経験や能力を伸ばし、スマートキッズで夢を実現できるようフォローします!
なので安心してチャレンジしてほしいです!ご入社お待ちしております!(笑)


スタッフたちが明るく働いている姿をみて、
ここなら働けると思いました。

責任者・小野さん
Q 責任者としてのやりがい・楽しさは?

個別支援計画を作成するにあたってのご利用者様との面談ですね!
送迎時にお会いできないと連絡帳くらいしか共有の場がないのですが、この面談では30分の予定が気付いたら1時間なんてこともありますね。
保護者様の日々のお悩みやお子様についてなどを話しているとあっという間です。

Q 責任者として大変なことは?

個別支援計画書の作成は時期が重なることが多いので、ボリュームが多いと大変ですね。
何しろ、この個別支援計画書に基づいて子どもの療育が行われるのですから責任も重大です。

Q 児童福祉業界へ転職しようと思ったきっかけはなんですか?

前職は長く高齢者介護施設で働いていました。もともと福祉か子ども関係かと進路を迷っていたこともありまして、まずは介護に行ったんです。
長く介護職にいたこともあり、もともとやってみたかった子ども関係にいこう!と転職活動を始めました。
「福祉・子ども」で検索をかけて調べていたところ、スマートキッズを見つけました。

Q スマートキッズに決めた理由を教えてください

一次面接のあと、教室体験に行けたのも大きかったですね。
スタッフたちが明るく働いている姿をみて、ここなら働けると思いました。
また一次面接、二次面接が新堀さん(運営責任者)だったのですが・・・なんでしょう、新堀さんのお人柄ですかね(笑)

責任者・小野さん
責任者・小野さん
Q スマートキッズに入ってよかったと思うことは?

事務局との連携が取りやすいところです。
やはり小さな事業所ですと請求業務や採用業務など療育以外の業務に追われてメインの療育がおろそかに・・・という話を聞いたことがあります。
その点、スマートキッズでは事務局サポートが充実しているので助かります。
また、事務局スタッフも皆気さくで頼みやすいのも良いところだと思っています。

Q スマートキッズプラス鶴見はズバリどんな教室ですか?

スマートキッズプラス鶴見教室は「楽しい教室」です!
いつも笑顔で仕事ができるように心がけています。
イライラしていて表情に出てしまっているときは、教室内でお互いに声を掛けあっています。大人のイライラは子どもは敏感に感じ取りますからね。

Q 印象に残ったエピソードを教えてください

高齢者も子どもも「できなかったことができるようになった」というのがとても嬉しいんですよ。車いすだったおばあちゃんが歩けるようになった!となると嬉しくて施設中の人たちに自慢していましたが、今は子どもの成長に毎日わくわくしています。
先日は、小学三年生のすごい偏食がある子が、今まで苦手だった食べ物に興味を示してくれたんですよ。
それは、今年の夏休みのイベントとして教室で「夏祭り」を実施した時のかき氷です。
1日目はブルーハワイのシロップをかけたかき氷を自ら手に取りました。
2日目はメロンシロップをかけたかき氷にキスできたんです!!
保護者様も大変よろこんでくれましたし、私達もとても嬉しかったです。